*2006年03月20日:日本、ようやく韓国に勝つ
*2006年03月21日:WBC、日本優勝!
*2006年03月22日:セフレ考
*2006年03月23日:プログレとか
*2006年03月24日:楽器博物館など
*2006年03月25日:手塚アニメ
*2006年03月26日:夢日記−爆発音
*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*2006年03月20日:日本、ようやく韓国に勝つ


 まぁ、理想の形ではないか。3連敗ではちょっと立場がないし、でも韓国の方が勝ち越しているので「本当は韓国の方が強い」という気持ちを先方には持ち帰っていただけるし。[;^J^](仮に日本が圧勝していたら、また何か摩擦が起きていたかも。[;^.^])

 ..というのは(韓国に対して失礼な [_ _])冗談であるが..韓国が納得いかないのは、ある意味当然であろう。6勝1敗の韓国はベスト4どまりで、4勝3敗の日本と5勝2敗のキューバが決勝を戦うのだから..つーか、なんで日本と韓国が3回も戦ったの?

 誰が考えても不自然すぎるこの組み合わせは、一部の報道によると、合衆国による合衆国のための組み合わせらしい。合衆国が強豪チームと極力戦わずにすませるためのトリックらしい。

 ..まぁ、それがホームグラウンドの特権というものではある。国体でも似たようなことをやってる(らしい)し [;^J^]。でも国体の場合は(そのかいあって)大概は地元が優勝する(らしい)のだが..合衆国が負けてしまっては、意味ないじゃん。[;^J^]

*目次へ戻る


*2006年03月21日:WBC、日本優勝!


 ここは、素直に喜びたい。昼間は仕事なのでリアルタイムには中継を観られなかったのだが、夕刻以降のテレビニュースが、野球一色になってしまった。

 ここ何年間もプロ野球に対して興味を失っており、各チームの選手の名前もほとんど不案内になっていたのだが、全く久しぶりにプロ野球のニュースを観まくったよ..という私のような人が、日本全国で数百万人(一千万人近く?)いると思われる。これでプロ野球人気がいくらかでも回復すると、景気にもプラスになると思うんだけれど。(私自身は、ペナントレースを追いかけるつもりは(やはり)無いが。)

 朝は、90分早起きしての散歩が(やはり [;^J^])できなかった。夜、ほどほどの時刻と気温なので、ホワイトストリートを往復してみる。6.8Kmを65分。時速6.3Km。まぁこんなものかな。

*目次へ戻る


*2006年03月22日:セフレ考


 エロスパムの嵐の中で、比較的目立つ単語が「セレブ」である。セレブな人妻、セレブな隣人、セレブなOL(なんじゃそりゃ)が、少なくもなく非現実的なほどに大金でもない、それなりにリアリティのある額のお小遣いを持って私を待っていて下さる、というわけだ。こうも乱発、大安売りされてしまったので..もはや「セレブ」という文字列が「セフレ」にしか見えない。[;^J^]

 そう言えば前世紀の終わり頃、「いまや“SF”は“サイエンス・フィクション”の略ではなく“セフレ”の略」という屈辱的な時期があったような気がするが..最近は、セフレをSFとは略していないような気がする。(マスコミを幅広くリサーチしているわけではありませんが。)当時から「そういうポッと出の略語(「セフレ」としての「SF」など)はすぐに陶太されるので、動じる必要はない」と、大きく構えている人々がいましたが、慧眼でしたな。「アムロ」=「安室奈美恵」な時期には、ガンダムファンはむかついていたと思うし..って、これは少し違うか(というか、この文脈で言及したら怒る? [;^J^])

*目次へ戻る


*2006年03月23日:プログレとか


 この日記は、もう数年前から「木曜日の“早朝”に更新」と約束しているのだが、去年からシフト勤務で「木金休み」になってしまったので、それはもう、それはもう当然のごとく、「木曜日の“午前中”に更新」になり「木曜日の“昼”に更新」になり「木曜日の“昼過ぎ”に更新」にシフトしつつあるのであった。これはもう、人間性の本質という他はないのであって、私個人の資質や気質や怠慢などに帰すべき小さな問題ではないのである。わかったね。[;^J^]

 というわけで、本日の更新は14時 [;^J^]。徒歩で外出。郵便局。ホワイトストリート南端のジャスコ。ここまでくれば(口座のある)りそな銀行の端末があって、手数料無しで金を下ろせると踏んでいたのだが..銀行系の端末は静岡銀行しかなく、結局、手数料105円がかかってしまった。そういうことなら、もっと近くにいくらでもあるセブンイレブンでも同じだったんだよっ [;^.^]凸 ま、健康のための散歩にはなったのでプラマイゼロとするか。[;^J^]

 帰路、ハマラジでプログレのCD(PFM)を2枚購入。これで、学生時代にLPを持っていたものの、その後手放してしまった、という類のプログレ系のアルバムは、7〜8割方は買い戻したことになるかなぁ。(イ・プーがまだだな。)当時聴いていなかった(あるいはエアチェックで済ませていた)バンドにも手を伸ばそうかなぁ。キャメルとかキャラバンとかルネサンスとか。ジャン・ミッシェル・ジャールは、今さら聴く気にはなれないなぁ [;^J^]。いくらでもありそうでないのが、ヴァンゲリス。一時代を築いた人なんだけどねぇ。まぁ4枚入手したから、もういいか。

 ..てゆーか、もう少し前向きになれない? [;^J^](いや、だから“プログレッシブ”ロックの話をしてるんですけど。[;^.^])

*目次へ戻る


*2006年03月24日:楽器博物館など


 バスで出動。まずは、この3/21にリニューアルオープンした、アクトシティの楽器博物館。ほほぉ。これは「楽器博物館」というより、ほとんど「アジア・アフリカ楽器博物館」という風情である。アメリカやオセアニアも含めた「非ヨーロッパ圏」が大幅に拡充されている。なかなか結構。ま、アジア系の専有面積が多いといっても、ガムラン×2とジェゴッグ×1が場所をくってるわけなんですが [;^J^]。この博物館、いまいち展示の規模が中途半端なんだけど、たまに遊びに(勉強しに)来るには悪くない。

 アクトシティ内の郵便局。(どえらく深まった謎な場所にあった。[;^J^])同じくアクトシティ内のチケットカウンターで「ノルマ」のチケットを購入。もう1〜2枚、コンサートのチケットを買おうかと思ったが、テンションが上がらず見送り。

 メイワンの谷島屋でPLUTOの第3巻とエヴァの第10巻。前者を買いにいって後者も見つけてしまった、というわけだが..折り込み広告には、エヴァのコミックスの「10巻収納ケース」が。へぇぇ。この巻で、まだ話は全然終わっていないんだけど、向こう当分(ほとぼりが冷めるまでは)第11巻を出すつもりは無い、というわけですか。そうですか。[;^.^]凸(てゆーか、引っ張ってもあと1〜2巻なんですが..なんという中途半端なことを [;^J^]。それとも、全20巻になるのかぃ? [;^.^])

 昼飯は、べんがら横丁。どのラーメンを食べればいいのかわからないので、こういう時は端の店からつぶしていく..て語感が悪いな [;^J^]、制覇していく。「麺家いろは」で黒ネギ玉ラーメン。まぁこんなものかな。

 食べ終わってザザシティに足を向けてみたら、「ナルニア国物語」が始まる5分前。ジャストタイミングだったのだが..いまいちこの映画に対してテンションが上がらないのである。いずれは観ることになると思うのだけれど..今日は見送る。

 昼過ぎに(早くも)帰宅。とにかくいつの間にか(というかちょっと録画整理をさぼっているうちに)RD−X5のハードディスクに240時間分も溜まってしまい、残りが30時間を切っている状態なのである。非常にまずい。泣きながら未視聴消化をし、泣きながらDVD落としをする。(何やってんだか。[;^J^])

 ここ最近、外食づいている私である。佐鳴湖近くのフランス料理屋「アンフィニ」に予約をいれてから、17:30に徒歩で出発。佐鳴湖を少しゆっくり一周してから19時にアンフィニ。Bディナー6800+食前ワイン500+ワイン2500=9800。値段相応に美味。(ここんとこ、食費を使いすぎているのでは。[;^J^])

 ついでにここらでカミングアウトしておくと..散歩を始めて以来のこの1週間で、左の足の裏にマメ(というか水ぶくれ)ができました [;^.^]。痛いです。[;^.^]

 PSE。もう何やってんだか。「レンタル」という形を取ることによって「マーク無しでも売ってよし」という、公的抜け穴で先送りに。これがどれほど不自然なことか、わからんのか。ますますもって意味不明である。いったん、リセットしなよ..って、もう時間的に無理なのだが。

*目次へ戻る


*2006年03月25日:手塚アニメ


 今日はCSの日本映画専門チャンネルで手塚治虫のアニメ等が大量に放映される。録画予約もたっぷり入れてある。場所をあけないと。場所をあけないと。泣きながら未視聴消化をし、泣きながらDVD落としをする。(何やってんだか。[;^J^])

 もちろん、全てのプログラムに予約をいれたわけではない。実写版「火の鳥」(市川崑監督)は一度観れば十分だ(というか、一度でも多すぎた)。二度と観たくない。[;_ _][;^.^]

 「実験アニメーション全13作品」のうち、観たことがあったのは半分くらいだったので、これは嬉しい収穫..といっても、正直な話、素直に面白いと思える作品は、実はほとんどない [;^J^]。「ジャンピング」が有名であり、これは昔、観たことがあるのだが、当時は全然面白いと思わなかったし、今回観直してもやはり面白いとは思えなかった。以前、この日記に書いたこともあったと思うが..アイデアはともかく、技術的に拙いのである。全然「ジャンプ」していない。空中を横に滑空している。爽快観が無い。まぁ、だからこそ成立しているギャグやネタもあるわけだし、物理的に正確な放物線運動をしたりすると地上付近での速度が速すぎて何も見えなくなってしまうということは、私にもわかるんですけどね。

 それはともかく、皮肉でもなんでもなく、面白いもつまらないも含めて先駆者ならではの立派な業績であるし、文献資料である。これは永久保存版。(「火の鳥」のOVA版や「ライオンブックス」シリーズを観る時間は、いつになったら取れるのかなぁ。[;^J^])

*目次へ戻る


*2006年03月26日:夢日記−爆発音


 言うまでもなく、他人の夢の話ほどつまらないものはない。夏目漱石、内田百けん、つげ義春クラスの天才をもってして、ようやく他人に面白く読ませることができるのである..にも関わらず古今東西無数の身の程知らずが挑戦してきたのであり、ネタが尽きた私も書いてみる、というわけだ [;_ _][;^J^]。ちなみに私がこの日記に公開した「夢日記」は、以下の僅か5篇である。(これ以外にもあと少しあったかも知れないが。)滅多に書いていないのだから、見逃していただきたいものである。[;_ _][;^J^]


* 悪魔憑きについて(1996/04/10)
* 悪夢について−白い猿(1996/04/20)
* 悪夢について−閉塞宇宙(1997/01/26)
* スキャナー/頭痛/悪夢(1998/11/08)
* タラディ(夢日記から)(1999/09/03)

 私が住まうアパートは2階建てである。小さな駐車場の北側に面している「3号棟」。この駐車場の西側には同じく2階建ての「1号棟」が面している。つまり、駐車場の東側と南側が開けている。ここが舞台となる。

 この駐車場の中央に、ふたりの小学生が立っている。ひとりは完全に硬直しており、もうひとりは彼を心配そうに見ている。

 東側の彼方で、異常な爆発音がした。その方向には高速道路と工場群と航空自衛隊の基地がある。煙も上がっているようだ。再び爆発音。さっきよりも大きい。事故? 爆弾? テロ? わからない。私は硬直している少年を横抱きにして、1号棟の2階の、彼の家族が住んでいる部屋に走った。その少年を心配そうに見ていたもうひとりの少年は、この部屋までついてきたはずだが、いつの間にか姿を消している。

 ドアには鍵がかかっていなかった。中に入る。広い。ビデオの録画中。留守。少年の家族はいない。3回目の爆発音が、やはり東側から。

 窓を開けて東側を見る。広大な横幅の高速道路が、東側の彼方からこちらに向かって伸びている。その高速道路の上を横幅一杯に、自衛隊の隊員達が膨大な数の自転車に乗って、整然と列を組んでこちら側に向かってゆっくりと進行してくる。

 その隊列には、ライフルの線条のような斜め方向の空隙が幾筋も走っている。わかりやすく説明すると..およそ10列縦隊なのだが、先頭の10台のうち、こちらから見て左側の第1列と第2列が空いている。(つまり、横に8台である。)次の10台は、第2列と第3列が空いている。次の10台は、第3列と第4列が空いている..このようにして、自転車が存在しない空間が、左手前から右奥に向かって斜めに存在し、このパターンが繰り返されている。

 そしてこの自転車の隊列の進行方向にいた人々は、自転車にぶつかるのを避けるために、いやおうなしにこの「空隙」に呑み込まれ、高速道路の右側へ右側へと送られて、右端で回収される。どこに連れられて行くのだろう?

 そしてとうとう私もこの斜めの空隙に囚われて連れ去られてしまう..いったん、自宅(3号棟)に帰りたいのに..鍵をかけていないし..あの爆発音が火災を引き起こしているとすると..3号棟や1号棟も類焼するかもしれない。持ち出さなければならない貴重品が山のようにあるのに..そして、ベッドの上に寝かせて置いた、あの硬直した少年はどうなってしまうのだろう..彼の両親は、いまだに行方不明なのだ。またしても(これまでで最大の規模の)爆発音。爆風。煙。爆発音の方向には(ついに)炎も見える。これは事故なのか? それとも侵略? テロ? われわれはどこに連れ去られるのだ?

*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*解説


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Mar 30 2006
Copyright (C) 2006 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]