*2013年03月04日:T氏作品リストの調査続行
*2013年03月05日:理由はわからんが..
*2013年03月06日:T氏作品リストの壁
*2013年03月07日:週末の予定、ほぼ固まる
*2013年03月08日:どんぶらこで3人で飲み
*2013年03月09日:鼻風邪気味 ..[;_ _]
*2013年03月10日:鼻風邪ほぼ軽快 [;^.^]
*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*2013年03月04日:T氏作品リストの調査続行


 I耳鼻咽喉科医院。進展なし。今月21日に、浜松医科大学附属病院で再診予定だが..(現在、公私ともに爆忙状態なので、なかなか腰を据えて取りくめないのが、辛いところだ..)

 UPSの不審なピピピピ再発。電源再投入で回復。回復するのも解せないが [;^J^] ..(現在、公私ともに(以下略))

 T氏の作品リストの初出誌との照合調査を、自宅にある分を先行して(深夜までかかって [;_ _])進めるが、4分の1も終わっていないような..[;_ _]

 今月中に2回、上京調査が必要。1回は、月末の出張(予定)と絡めてしまえ [;^J^]。それぞれ、土日月の2泊3日(月曜日はもちろん有休取得)。バスで移動している場合ではない(時間がもったいない)ので、全部ひかり。

*目次へ戻る


*2013年03月05日:理由はわからんが..


 ..この季節になると、何故か普段よりも目が痒く、クシャミが出やすくなる..これはいったい、なんなんだろう..[?_ _][?_ _][?_ _][;^.^]

*目次へ戻る


*2013年03月06日:T氏作品リストの壁


 T氏作品リストを、手元にある材料については、ざっと、入力し終えた。手元にある(元となった)テキストは、基本的には「単行本別」に情報が整理されていた(要するに、目次の集成のようなものである)のだが、これを、前処理(というか、前処理の前処理)として、いったん、連載作品はエピソード単位に全部バラし、他の単発の短編群と同じ「粒度」にして、時系列にソートする。たとえて言えば「縦のものを横にする」ような(ある意味)単純作業なのだが、実はこの段階で、一番バグが入りやすい。

 リスト作成者として、私に何がしかの秀でた点があるとすれば、この種の「加工」を「完璧に」こなす能力にある。極力、手作業を減らしてスクリプトを作成して機械処理を行い、一歩進むたびにバージョン管理システムにチェックインしていく..(あたかも、ハーケンを打ち込みカラビナを掛け、ザイルを通しながら断崖絶壁を登攀するかのごとく..)無論、元データにバグが入っていては、完璧な加工をしても仕方がない。そのための「初出誌調査」なのである。

 それにしても、時間が足りない。現段階で、初出誌未読の作品数は(連載や連作中の1エピソードも1作品と数えて)80作弱。このうち大多数(70作弱程度)は、図書館で読むなり古書店やオークションで入手するなり出版社からバックナンバーを購入するなりして読めると踏んでいるのだが..初出誌が事実上「不明」である(その作品の収録単行本(等)に記載されている「初出誌&初出年月日」が誤っていることが判明している)作品が、少なくとも2作、(仔細は省くが)限りなく怪しいものが2作、計4作ある。これを、残り3ヶ月で全部見つけることができるだろうか..普通に考えれば「4年」はかかるだろう..

 正しくないと判っている情報を載せるぐらいなら「不明」と明記するべきだし、このままではそうなるだろうが..悔しいじゃないか..[/_;][/_;][/_;](時間いっぱい、粘りはするが..)

*目次へ戻る


*2013年03月07日:週末の予定、ほぼ固まる


 各地の図書館の蔵書をネットで検索するが、結果は芳しくない。一番痛いのは、T氏の作品の主要な発表舞台のひとつである「ぶんか社」の雑誌が、おおむね2009年を境に、国会図書館に納入されなくなっていることである。他の多くの図書館も、ぶんか社のマンガ雑誌の品揃えは、概して乏しい。出版社にまだバックナンバーの在庫があるのならば、これはもう、直接購入するほうが早いか..

 現代マンガ図書館の蔵書はネットでは調べられないので、電話で確認。15年前には蔵書されていなかった雑誌(ぶんか社ではない)が蔵書されている例が、いくつかあった。この15年間に補充されたようだ。ありがたい。今週末の上京の2日目(17日(日曜日))に訪れることにする。

 同じく17日の夜に(私の苦労の全ての 元凶 張本人の [;^.^])Aさんと落ち合う段取りをつける。中間報告と、今後の方針の策定のためである。(実は、私にアサインされている仕事は(恐ろしいことに)「作品リストの作成」だけではないのであった..[;^.^][;^.^][;^.^])

*目次へ戻る


*2013年03月08日:どんぶらこで3人で飲み


 暖かいというより、ほとんど暑い。目が痒い..[/_;][/_;][/_;]

 帰宅後、18:15に自宅を発ち、18:50に「どんぶらこ」着。KMさんとKKさんは、既に来ていた。3人で飲み。(それにしても、ふたりとも名字の頭文字が「K」なので、識別するためにもう1文字必要なのは困ったものだが..それを言ったら、私の名字の頭文字も「K」なのである [;^.^]。KWさんというわけだ。[;^J^])

 ここには書けない話がほとんど全て [;_ _]。上京の機会があるKMさんには、「会田誠展」を是非とも観るよう、強く推しておいた。

 0:00に散会。帰宅したのは0:40頃だったはずだが..ふと気がついたら3:00過ぎ。コタツで居眠りしていた [;_ _]。鼻づまり気味というより、右側が完全に詰まっている。(ここまできちんと詰まったのは、数年ぶりである。[;^.^])喉はOK。熱もなさそうだが、気分的に風邪っぽい [;_ _]。とにかく、ちゃんと布団に横になって眠るのが一番。来週末の上京調査行は、ハードスケジュールになると思われるので、それまでに完調に戻しておかないと..

 ..というわけで、とっとと布団に潜り込んだが、就眠前に手帳を読み返してみたら、プログレと思しきバンド名とアルバム名がいくつか。今夜の飲みで、KMさんに推薦されたらしい。

 これらを早速アマゾンするような不粋なことは、絶対にしない。来週末、渋谷に寄る時間ぐらいは取れると思われるので、渋谷タワレコで捜してみるつもりである。ネットは便利だが、買い物は、現物を手にとるのが一番!

 ほんとは、まず、地元で(足を使って)捜したいのだが..プログレに限らぬ粋な在庫を誇っていた佐鳴台の名店「ハマラジ」が閉店してしまったのが、もう、2年前..

*目次へ戻る


*2013年03月09日:鼻風邪気味 ..[;_ _]


 快晴。暖かいので、今日中に「風邪気味」を治したい。

 午前中は自室に引き篭もり。昼過ぎ、どうやら軽快したように思えるので、自動車で街中へ。りそなで来週末の軍資金を下ろし、クリエート浜松で「オリーブの木」という団体の展覧会を観て、早めに帰宅。

 溜まっている録画の処理主体の一日..のつもりだったのだが、右耳のボコボコは、テレビドラマを視聴するのもしんどい状態 [;_ _]。それでもなんとか、サンダーバードのハイビジョンリマスター版を3話片付け、現在CSで放映されている最新エピソード(第7話)まで追いついた。

 目が痒く、くしゃみが出る。風邪のせいなのか? [;_ _][;_ _][;_ _] ..それにしても暑い..エアコンを暖房から冷房に切り替えた。すぐに切ったが。[;^J^]

 ちなみに、昼過ぎの外出の際、谷島屋で「全裸漫画家2」(桜木さゆみ、ニチブンコミックス)を、タイトル&ジャケ買いしてきたのだが..

 ..この漫画家の全裸写真は、グラビア頁に掲載されていないのである..[/_;][/_;][/_;](さらに言うと、表紙と(全裸ではない [/_;])グラビア頁に写真が掲載されている美人は、漫画家本人ではなく、漫画家の姉なのである。)悔しいから、アマゾンへのリンクを張ってやんない [/_;]。まさかこんな理由で返品を受け付けてくれるわけがないので、ブックオフに叩き売ってやる! [/_;][/_;][/_;](まぁ、そこそこ面白い自虐マンガですけどね。[;^.^])

 深夜、鼻づまりで目を覚ました。鼻で呼吸できない。参ったなぁ..甘く考えていたが、本格的に風邪をひいてしまったのかなぁ..油断せず、今日の午前中、かかりつけのO内科医院に行っておくべきだったかなぁ..

 市販の風邪薬など、あまり信用していないのだが、それでも何もしないよりはマシだろう、と、薬箱を捜索し、有効期限が切れていないパブロンSを発見したので、むさぼり飲んで、無理やり寝る。

*目次へ戻る


*2013年03月10日:鼻風邪ほぼ軽快 [;^.^]


 昨夜のパブロンSがいきなり効いたとも思えないが、今朝は、鼻づまりはほとんど無し。しかし鼻声気味ではある。来週末の上京に備え、今日も静養。曇天だが暖かい。

 T氏作品リスト初出誌調査行の下準備(下調査)を進めつつも、「風邪気味」を終わらせるために、ホット赤ワインをたっぷりと飲んで、たっぷりと午睡。19時過ぎに(空腹で)起きた頃には、「風邪気味」ではなくなっていた。[^.^]

 ちなみに、昨日と今日は、全国的に花粉が酷かったらしい。(当然、浜松でも。)日記を読み返すと、確かに、一昨日(金曜日)と昨日(土曜日)には、「目が痒い」..なるほど。ニュースによると、花粉に加えて「煙霧」状態だったらしいが、私は、「いささか目が痒く、くしゃみが出る」程度ですんでいる。

 それは、「今のところはまだ本格的には花粉症に罹患していない」ためであるが、それより何より、花粉の嵐が襲う前夜に鼻風邪気味になってしまい、結果的に花粉が舞っている日には(そうとは知らずに)自宅に引き篭もっていたからであろう。(少しだけ外出したけどね。)悪運の強いことである。[;^J^]

*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*解説


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Mar 14 2013
Copyright (C) 2013 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]