*2005年02月21日:超・現実主義じゃない!
*2005年02月22日:RD−X5アップデート
*2005年02月23日:愛・地球博、下調べ
*2005年02月24日:再検査/Nさん資料、第26便
*2005年02月25日:rinc懇親会
*2005年02月26日:幻想コルネット調査/comic新現実/THE JUON
*2005年02月27日:玩具とかテレビとか
*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*2005年02月21日:超・現実主義じゃない!


 録画しておいたハイビジョン特集「私が噂のダリである」の中で、ナレーションが、案の定、「超・現実主義」と発音していやがった..

 違うんだよ! 「超・現実主義」じゃなくて「超現実・主義」なんだよ! ..って、力説しても、99%の日本人には、キョトンとスルーされてしまうのが、オチなんだろうなぁ..

 大体、「シュールリアリズム」などという「和製英語」に、我慢がならない。「Surrealism」を“フランス語風”に発音するならば「シュルレアリスム」だし、“英語風”に発音するなら「サリーアリズム」である。つまり、「シュールリアリズム」とは「(フランス語)シュール + (英語)リアリズム」なのであって、構造的に、「シュール」+「リアリズム」と分解される..つまり、和訳すれば、「超」+「現実主義」となる。

 これが、大間違いなのだ。

 さらに言えば、「シュール + リアリズム」だから、「シュール」と略されるのも無理は無いのであるが..ものの本によると、「シュルレアリスム」を「シュール」と略すのは、世界中で日本だけだそうである。つまり、全世界で、日本人だけが、「シュルレアリスム」とは「超・現実主義」だと思っているのだ。嗚呼..

 ここでシュルレアリスムについてグダグダ講釈するのは避けるが..(というか、専門家ではないし、「講義」などすればすぐに馬脚を現してしまうのだが..)「現実主義」を「超える」のではない。「現実」の「裏側」(あるいは「外側」あるいは「内側」あるいは「どこか別のところ」あるいはむしろ「過剰な現実」)に、「超現実」という「世界」(あるいは「認識」あるいは「概念」)があると「想定」して(あるいは「定義」して、あるいは「信」じて)、それを希求したり、表現したり、あるいはその世界の「内部」の視点から、この「世界」を見つめ直すことを、「シュルレアリスム」(=「超現実・主義」)と呼ぶのである。

 「現実をリアルに描くこと」(=「現実主義」)を「超える」などという、低次元の概念では無いのだが..しかし、この誤解を解くのは、この国では、もはやほとんど不可能であろう..澁澤龍彦にすら、なしえなかったことなのだ。無力な私に、何ができようか..

*目次へ戻る


*2005年02月22日:RD−X5アップデート


 先日購入した「PC USER」誌の、「RD−X5」の開発者インタビューによると、今回のアップデートで、予約画面など細かな操作性が改善されているとのこと。手持ちの実機のバージョンを確認したらZX12で、公開されている最新バージョンはZX13である。説明書きには、「再生性能を改善し再生安定度を向上いたしました。」とある。ふーん。

 取りあえず、録画予約が入っていないことを確認した上で、ダウンロード&インストールしてみる。今さらではあるが、家電がネットに常時接続していると、こういうことが出来るので便利である。

 んーと..どこがどう変わったのかな [;^J^]。私が普段使わない部分で使い勝手が良くなっているのだろうか? 再生安定度について問題を感じたことは無かったしなぁ..あ、そうだ。人からもらった(ブランド不明の)DVD−Rが、いくつも読めなくなっているんだった。(他のDVDプレーヤーでも読めない。)もしかしてこれらが読めるようになったとか? そのうち暇を見て試してみよう。(とにかく、DVD−Rは、ブランドにこだわらないとエライことになる、と、日々、実感しているのであった。)

*目次へ戻る


*2005年02月23日:愛・地球博、下調べ


 愛知万博はパスする予定だったのだが、先日、思いがけずチケットが2枚(2日分)手に入ったので、見に行くつもりになったのであった。で、公式ガイドを買ってみたのだが..

 なんつーか、「博覧会の“イメージのサイズ”」が、「浜名湖花博」と少しも変わらん [;^J^]。公式ガイドの「作り」が、ほとんど同じだからかも知れないが。ま、花博と違って、何度も通うわけにも行かないので、2日間で効率よく片付けられるように、見所を整理しておかないと。浜松駅前からシャトルバスが出るようで、交通費的にはこれが一番リーズナブルかな? 所要時間とか到着(及び現地からの出発)時刻とかが妥当ならば、考えよう。

*目次へ戻る


*2005年02月24日:再検査/Nさん資料、第26便


 有休取得。聖隷予防検診センターで、再検査である。エコー検査と血液検査..で..γGTPの数値が、当然のように悪化している [;-_-]。まだ、ドクターストップはかからないが..

 OAナガシマで、DVD系メディアの相場チェック。スーパーで、クリーニング出ししていたものをゲットしてから、街中へ。りそなで金を下ろしてから、ジョーシンでDVDを2枚。コンプマートでもDVD系メディアの相場をチェック。結果、DVD−RはOAナガシマ、DVD−RAMはコンプマート(エイデン)がお得と決まった。今日必要なのはDVD−RAMなので、この店で15枚購入。

 車で東上。アビーロードで中古CDを5枚。(EL&Pを2枚と、ASIAを3枚。[;^J^])さらに浜松鑑定団へ。販売価格の相場のチェックのために持参したDVD、VHS、各2点。DVDはまぁこんなものか、という程度の価格で売れたが、VHSはタダ同然。捨てるよりはマシか、という程度。(いずれも、やや特殊なジャンルだったということもあるが。)昼食は、久々に王将で「こってりラーメン」。たまには良いかな。

 結局、本日購入した光ディスクは、DVD×2枚、DVD−RAM×15枚、CD×5枚で、計22枚であった。(いいのか? こういう数え方で。[;^J^])

 Nさんから、手塚治虫関連資料のコピーが届いた。今週末にでも、お返しに、こちらで入手していた資料のコピーをお送りしないと。今回届いた資料中では、


人気まんが家名鑑(コメントとカット)::1:別冊少女フレンド(臨時増刊)リボンの騎士(後編):67/06
(コメント)::1:小学四年生 付録「まんが入門百科」:72/12
《まんがはみんなのもの》(エッセイ)::1:小学四年生 付録「まんが入門百科」:72/12

 ..あたりが、特に貴重なもの。こういう、雑誌のイレギュラーイシューや付録は、各図書館には、ほとんど収蔵されていないからである。

*目次へ戻る


*2005年02月25日:rinc懇親会


 書き忘れていた。現在、NHK(ハイビジョン)で放映されている「シルクロード」シリーズから、実にいい言葉が拾えていたのであった。

 「新シルクロード 1 楼蘭 四千年の眠り」の中で紹介されていた、タクラマカン砂漠の諺..


胡楊(こよう)は三千年の命を持つ
生きて千年
立ち枯れて千年
そして、倒れて千年

 (..胡楊とは、樹木の一種である。)5年近く前に紹介しているが、オールディスの「暗い光年」というSFに出てくる異星種族は、自分たちのライフサイクルを、「植物期」「動物期」「腐肉期」として把握している。「腐肉期」というのは、地球人的な生命観から言うと「死」んでから以降のことであるが、彼らはその「変化」(動かなくなり、会話もしなくなり、徐々に体が変形して行く)を「死」としては捉えず、「人生(ライフサイクル)の(静かなる)最終段階」として、「腐肉期」をすごす(生きる)「賢者」に、敬意を払う..という話を思いだした。

 終業後、19時から、職場の近くのふみやでrinc(Roland InterNet Club)の宴会である。10数名..なのだが、どういうわけか今日はこの店、ローランドのグループ(団体)が占拠状態である [;^J^]。われれは2階でやっていたのだが、2階の計3団体のうち、われわれ以外の2団体も、ローランド。1階にも、少なくとも2団体有り。しまいには、よその団体の宴会に混ざったりして、それぞれの宴会のアイデンティティが、どんどん崩壊していく..[;^.^]

 代行運転で帰宅。

*目次へ戻る


*2005年02月26日:幻想コルネット調査/comic新現実/THE JUON


 1週間分の録画セットを完了してから、ジョーシンでDVD。谷島屋本店を覗いてからイオン。昼食は1Fのむつみ屋で塩ラーメン。

 帰宅してから、ある人から頼まれていた調査。ベルリオーズの「幻想交響曲」の第2楽章に、コルネットがある版と無い版があるのだが、「コルネットが入っているCDをご存知ですか?」、という質問を、メールでいただいていたのである。

 「幻想交響曲」の手持ちのCDとDVDを、68枚チェックした。(案外、少ないでしょ。クラシックのCD(等)については、遙か以前から、コレクターでは無いのでね..)せっかくだから、調査結果を書いておく。下記の12枚のCDの第2楽章が、コルネット入りである。


* Abbado シカゴ交響楽団 1984 DG 410 895-2
* Colin Davis アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 1974 Ph 32CD156
* Colin Davis ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1990 Ph PHCP174
* Colin Davis ロンドン交響楽団 2000 LSO Live LSO0046
* Dohnanyi クリーヴランド管弦楽団 1989 LONDON POCL1060
* Gardiner オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク 1991 Ph PHCP5093
* Haitink ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1979 DECCA 433 611-2
* Klemperer フィルハーモニア管弦楽団 1963 EMI CDM 7 64143 2
* Martinon フランス国立放送管弦楽団 1973 EMI TOCE6131~2
* Myung-Whun Chung パリ・バスティーユ管弦楽団 1993 DG 445 878 2
* Paavo Jarvi シンシナティ交響楽団 2000 TELARC CD-80578 (UCCT-2030)
* Scherchen ロンドン交響楽団 1954 THEOREM TH 121.153

 谷島屋メイワン店で、「comic新現実 vol.3」を落手。これまでの経緯から、浜松に入ってきているこの雑誌の冊数は、高々一桁であると推測される [;^J^]。なんと、吾妻ひでお特集であり、新作(厳密に言えば、同人誌掲載作品の続きである)「うつうつひでお日記」が掲載されている。版元は角川書店。

 夜から、ザザシティの TOHO CINEMA に、「THE JUON/呪怨」を観に行く。「呪怨」「呪怨2」は、つい先日、DVDで観たばかりであるが..

 「呪怨」「呪怨2」を知っている人であれば、ハリウッド版の「THE JUON/呪怨」を観ることは、冗長かも知れない。多くのネタが(当然ながら)被っているからである。よって、私も、「次は“あれ”が来るんだよな〜」とか思いながら、比較的集中力低めで観ていた感があることは否定できないが..ただ、この映画は、日本人よりもむしろ欧米人(のうちのキリスト教徒)にとって、より怖いのではなかろうか、と、思うところはあった。

 なぜなら、この恐怖は、「悪魔」によってもたらされたものではないからである。この家に取り憑いている「悪霊」は、「悪魔」ではないし、そもそも、「悪」ですらない。「エクソシスト」等と異なり、この「怨霊」たちを打ち倒すことはできないし、癒すこともできない..

 H2A打ち上げ成功。本当に、良かった、よかった..

*目次へ戻る


*2005年02月27日:玩具とかテレビとか


 友人お薦めの中古玩具屋、ビクトリーへ行く。257号線沿いの店である。そこそこ小さくて、感じが良い。タイムスリップグリコのバルタン星人を買っておく。

 昼食は、久々に、ホワイトストリート沿いのスパI世。

 シネマ080で録画しておいた「透明人間と蠅男」を観る..ま、B級ではある。蠅男っつーから、てっきり例のタイプかと思ったら、うーむ、こういうタイプであったか。ストーリーも特撮も、なかなかトホホ。でも、こういうユルくて疲れない映画をライブラリに加えておくのも、悪くない..しかし、DVDならば、まず買わないであろう。4800円とか6000円とかと釣り合う買い物ではない。テレビ放映の録画だからこそ、入手して手元に置いておけるのである。

 それにしても、RD−X5のHDDの中味が、なかなか片づかないなぁ..今夜の時点で、録画済みが150時間ある。休日はともかくとして、平日には3時間片付けるのが精一杯だろう..とすると、50日分..[;^.^]

 昨朝録画しておいた「ウルトラマンネクサス」。「ダーク」がキーワードらしいのだが..ほんとに、話が暗い。それに結構、難しい。私は含めたオトナどもはどうでもいいとして、メインターゲットである(はずの)小学生が、これについてこれるのだろうか。(“暗い”といえば、ウルトラセブンにも、暗いエピソードは、結構ありましたが。)

*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*解説


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Mar 2 2005
Copyright (C) 2005 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]