*2021年03月01日:幻想美術選「私の墓地」クロヴィス・トルイユ
*2021年03月02日:福島と高松と
*2021年03月03日:今日も自転車出勤できず
*2021年03月04日:久々の自転車出勤は快適
*2021年03月05日:図書館でリカバリー [;^.^]
*2021年03月06日:コカレロ!\[^O^]/
*2021年03月07日:ワイヤレスヘッドフォン事件解決 [;^.^]/鬼滅一気
*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*2021年03月01日:幻想美術選「私の墓地」クロヴィス・トルイユ


 「幻想美術選」、第237回。今回もまた、私の偏愛する画家である。

Picture

「私の墓地」(クロヴィス・トルイユ、1947年)

 Camille Clovis Trouille(1889〜1975)については、Wikipedia も情報不足。まぁ、画像検索結果 を見ていただきたい。どうです。キッチュ、悪趣味、俗悪、不道徳、猥褻。そしてなんという、夢のように美しい極彩色!

 戦争体験(第一次世界大戦)のトラウマによって、平凡な題材を平凡な画風で描く平凡な画家は、今、あなたが目にしている画家に、決定的に生まれ変わった。彼はアナーキストとなり、宗教の欺瞞を徹底的に拒絶して、セックスとエロティシズムに軸足を置く。その作品には(しかしながら意外ではあるが)ポエジーとロマンティシズムが満ち溢れ、辛辣な哄笑が鳴り響いている。

 中央に描かれているのが(CLOVIS と銘記されている)彼自身の墓。左奥に見えるのがロートレアモンの、右手にあるのがマゾッホの墓である。鞭を持ってかがむ男や、片目をつぶった生首、裸女の体を這い回る手などの個々のモチーフは、彼の作品に何度も登場しているものである。CLOVIS の墓のキリストの胸像は、神聖な墓所に対するかくも破廉恥な冒涜を嘆き、悲鳴をあげているようであるが、すべての登場人物によって無視されている。

 この、CLOVIS の墓の形状には、見覚えがある。モデルとなった実在の墓があるはずなのだが、どうしても思い出せない..わが墓地 廃墟城に所蔵されている、どれかの画集か書籍の中に、写真か写生画が載っているはずなのだが..こうなると数の多さは、むしろマイナスである。捜し出す気力が..[;_ _][;_ _][;_ _]

*目次へ戻る


*2021年03月02日:福島と高松と


 「第59回日本SF大会「F-CON」福島大会」が、当初の2020年8月22日〜23日から今年の3月13日〜14日に延期されたあと、さらに、5月15日〜16日に再延期されていたのであった。その時点で、2021年8月に予定されていた次のSF大会は、1年順延されるのだろうな..と、なんとなく思い込んでいたのだが..

 先月末に発売されたSFマガジンを読んでいて気がついた。慌てて「第60回日本SF大会 SF60」を確認してみたら、なんと8月に予定通り開催されるではないか! これはもう無謀というか何というか..[;^.^] 日本SF大会の(特に都会型ではない地方型合宿タイプの大会の)参加費は、高いのである。大体1泊2日で3万円。それに現地までの往復交通費..それを3ヶ月インターバルで..

 ここは、心意気だ。(高齢SFファンの)意地と男気の(無駄な)見せ所だ [;^J^]。5月に福島、8月に香川県は高松。両方とも参加するよ、しますとも..[/_;][;^.^]

 ..ちょっと待て。これを書いてて、今、気がついた! そもそも第59会大会への参加を決めたとき、福島の 諸橋近代美術館 を(12年ぶりに)再訪できるな、と、楽しみにしていたものの、それが3月に延期になった時点で、この美術館の冬季休業期間に入ってしまって、断念していたのだが..(2020年04月29日:延期されるえすえふ 参照)..5月に再延期になったということは..冬が過ぎているではないか! 調べてみたら、「Shock of Dali ショック・オブ・ダリ 〜サルバドール・ダリと日本の前衛〜」(4月24日(土)〜6月27日(日)まで)が、始まっている! ということで、SF大会の前日、5月14日(金)に有休取得決定。14日の宿の手配は..まだ早すぎるか。この時点での状況についても、まだまだ予断は許さないのだが..

*目次へ戻る


*2021年03月03日:今日も自転車出勤できず


 ここ最近、天気予報が「午後にわか雨」だったりするので、自動車通勤が続いている。そしてまた連日、風が強いのだ。自転車なら怖いレベルである。

 今日も朝方は天気がよく、風は久々に穏やかだったのであるが、またしても午後にわか雨の可能性ありという予報なので自動車で出勤したのだが..まったく降らなかった [;_ _]。損した。[;^.^]凸

*目次へ戻る


*2021年03月04日:久々の自転車出勤は快適


 今日は終日好天との予報。気温もさほど低くない。ウインドブレーカーを着て玄関を出ると、この時点でちょうどいい寒さ..つまり、自転車で走りだすと、暑くなる。汗をかく。よって、ウインドブレーカーを脱いでリュックに詰めて、肌寒いジャケット姿で出発。すぐに丁度いい感じになる。このぐらいの気候が、自転車通勤には一番快適だなぁ..[^J^]

*目次へ戻る


*2021年03月05日:図書館でリカバリー [;^.^]


 今日はテレワーク。午後から雨。終業後、城北図書館まで車。

 先月下旬に購入したものの紛失してしまった「レコード芸術」3月号を、閲覧する [;^J^]。買いなおせない価格ではないのだが、買いなおした直後(おそらく1時間以内)に目の前に出現する ことは火を見るよりも明らかなので [;^.^]、どうしても買いなおせなかったのである。[_ _][;^J^]

*目次へ戻る


*2021年03月06日:コカレロ!\[^O^]/


 先日、BDレコーダーを買い直したので、WOWOWの予約録画が出来なくなっていることに、今ごろになって気がついた [;^J^]。サービスに電話してサポートしてもらいながら、B−CASカードの登録をする。

 引き続きパナソニックにも電話して、パナソニックのテレビの音声出力のフォーマットについて確認する。なるほど、Bitstream。PCMにする方法を教えてもらう。

 暖かい好天。自転車で出る。蔵前家でつけ麺。引き続き、湯風景しおり。若干の昼寝をはさみつつ読書してから退出。古書肆の時代舎。目が痒い [/_;]。理由は不明..[/_;][/_;][/_;][;^.^]

 いったん帰宅してから車で出直して、やまだや(酒屋)でコカレロを買ってみる [;^J^]。本来はしかるべき飲み場で、専用のグラスで「コカボム」という飲み方をするものらしいのだが、まぁ、味を確認するだけなので、そこまではせずに、家飲みで。

 ..うーむ。私には少し甘すぎるかなぁ..今後、わざわざ買うことはないだろう。まずいとは思わないし、出されればもちろんいただくが、なんにせよ。

 これで私もパリピってわけさ!!\[^O^]/\[^O^]/\[^O^]/  (..違うよ。[;^.^])

*目次へ戻る


*2021年03月07日:ワイヤレスヘッドフォン事件解決 [;^.^]/鬼滅一気


 昨日、テレビのデジタル音声出力をPCMフォーマットにする方法を調べていたのは、ワイヤレスヘッドフォン(Sennheiser RS 185)と、デジタル接続するためなのである。もう1年近く前に購入したものの [;_ _]、その時点でなぜか音が出ず、かつ、不要不急の「買い足し」の買い物であり、どうしても使わなければならないという状況ではなかったので、放置していたのだが..さすがに数万円もドブに捨てるわけにはいかないので、改めてヘッドフォンの取扱説明書を読んでみたところ、Bitstreamじゃダメ、と明記してあった次第でしてね。[;^J^]

 ただ、これでもまだ、音が出ない..[?_ _] おっかしーなー、断線でもしてるのかな? と、ケーブルを交換するなど、切り分けて追い込みをかけて..ついに音が出た!\[^O^]/\[^O^]/\[^O^]/ ..まさか、ヘッドフォンユニットにも電源ボタンがあったとはね..[;^.^][;^.^][;^.^]

 さんざん先送りにしていたが、ようやくアマゾンプライムで「鬼滅の刃」第1シーズン26話を、一気視聴した。(原作漫画もこの部分は先に読んでいた。)さまざまな人から「1日で見終わるから」「一気に片付くから」と言われていたものの、「確かに昔はエヴァを一晩で全部一気見したことがあるとはいえ、もうそんなに根気も体力もないしな..」、と、数日計画で視終えるつもりだったのだが、結果的には、14時頃から始めて少し翌日にはみ出すぐらいで、全部視終えてしまった。

 これは、もちろん何よりもまず作品が面白いからであるが、それよりも、アマゾンプライムの仕組みに問題(つーか [;^J^])があると思う。どんどん次の回が(アタッカ(Wikipedia)で)再生されてしまうので、止める(割り込む)のが難しいのである。[;^.^]

 原作漫画(の、ここまで)を読んだのは数か月前であるが、記憶に間違いがなければ、そこからの逸脱/変更は、ほぼまったくない。さて、それでは公開が終わる前に映画版を観なくては..と、トーホーシネマズ(サンストリート浜北)で、明晩の席を予約したが、この時点で、「シン・エヴァンゲリオン」が始まっていることに気がついた [;^J^]。こちらもスケジュールに入れておかなくては..

*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*解説


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Mar 11 2021
Copyright (C) 2021 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]