*2014年03月03日:タイムセーブ
*2014年03月04日:ヤノフスキの「ラインの黄金」
*2014年03月05日:なんというララバイ
*2014年03月06日:「SF奇書コレクション」
*2014年03月07日:博多行2週間前
*2014年03月08日:「私の嫌いな探偵」最終回
*2014年03月09日:重い腰を上げつつある [;^J^]
*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*2014年03月03日:タイムセーブ


 必死の思いで定時内に仕事を片付け(先送りにできるものは先送りし)、予約していたK歯科医院へ。3ヶ月に一度だが、今日は歯のクリーニングの日。次回(3ヵ月後)には、クリーニングと診断。別に虫歯はない、健康な歯である。昨今話題の予防歯科というやつだ。

 今夜のネプリーグの録画は、サブタイトルをチラ見しただけで、視ずに即座に削除。時間が浮いて助かった [;^J^]。なにしろ、「ふなっしー&林修&ビッグダディがタッグを組む!」、だからね [;^.^]。別に、ふなっしーに思うところはないし、林修も我慢出来なくはないが、いくらなんでも..

 積読(雑誌等)を片付けながら、BGMとして、クラシックのCDを目についたそばから手当たり次第に聴いていく。ロッシーニの「スタバトマーテル」とか、フォーレの「ピアノ五重奏曲(第1番&第2番)」とか、ヴェーバーの「魔弾の射手(全曲)」とか、とにかくどんどん聴く。耳は大丈夫だ。症状が再発しない、今のうちだ。

*目次へ戻る


*2014年03月04日:ヤノフスキの「ラインの黄金」


 残業は21時で切り上げる。帰宅してから、今日の読書のBGMは、ドヴォルザークの「テ・デウム」や、シェーンベルクをいろいろ。右耳に、僅かにフクフク感(ボコボコ感の手前)を感じないでもないが、今は、大丈夫だ。

 勢い余って、コンサートのチケットも買ってしまう。4月5日(土)の「東京春祭ワーグナー・シリーズ vol.5『ニーベルングの指環』序夜《ラインの黄金》(演奏会形式)」である。年度始めなので、休日出勤が入りかねないというリスクはあるが、ここは、賭けだ。

*目次へ戻る


*2014年03月05日:なんというララバイ


 今夜も遅い [;_ _]。鍵当番。[;_ _]

 だからかどうかわからないが、ここのところずっと、寝付きが悪い [;_ _]。子守歌(ララバイ)が必要だ。音楽を聴けばよさそうなものだが、これがどうも逆効果なのである。眠らずに聴いてしまうのだ。逆に神経が活性化されてしまうのだ。意外に効果的なのが、(視飽きるほど繰り返し視ている)バラエティ番組の録画なのである。聞き流し(皆餓死 視流し)しやすいからかも知れない。

 しかしテレビを視ながらどういう姿勢で眠りにつくのだ、コタツで寝る気か、と思われるかも知れないが、ちゃんと布団で体を伸ばして寝ているのである。どういうことかというと..

 六畳間の短辺の壁に(正しくは窓を塞いだ形で)42インチのテレビを置き、長手方向にフトンを敷いて頭をテレビ方向に向けて仰向けに寝る..つまり、テレビは見えないのである。直接には。しかし反対側の壁の天井近くに写真や絵画を飾っている額が並んでおり、部屋を暗くすると、その額のガラスに、テレビ画面が映るのである [;^J^]。もちろん、左右逆になるが、どうせ就眠のためのBGVである(音量も、近所の迷惑にならないように、ぎりぎり聞こえる程度に絞っている)ので、これで十分である。ぼんやり眺めているうちに、いつしか気を失っている..エネルギーの無駄遣いだということは百も承知だが、背に腹はかえられない..

*目次へ戻る


*2014年03月06日:「SF奇書コレクション」


 今夜も帰宅は、22時。[;_ _]

 先日も書いたと思うが、貴重な読書時間であった会社での昼休みも、ここ数ヶ月は居眠り(昼寝)タイムと成り果てているので、全然読書が進まない [;_ _]。久しぶりに辛うじて読み切ったのが、SF奇書コレクション」(北原尚彦、東京創元社)である。実に面白いブックガイドというかなんというか。読みたくなる本が多数。全くどうでもいい本も、多数。[;^J^]

 これを読んでいて気が付いたのだが、前作のSF奇書天外を、読んでも買ってもいなかった。当然買って(積んで)あると思っていたのだが、実に意外な見落としである。入手しなくては..と、調べてみたら、なんと新刊では売られていない。中古のみ。軽くあたってみた範囲では、定価の約2倍、4500円からである。うーむ、少し気長に捜すか..再刊されるかも知れないし..この価格では、ちょっと買えないよなぁ..

*目次へ戻る


*2014年03月07日:博多行2週間前


 今月下旬の3連休(3月21日〜23日)に、博多に小旅行するつもりであるが、今のところ、新幹線のチケットと宿を押さえただけで、まだいっさいの予定を立てていない [;_ _]。せめて美味いものを食べることにしよう。移動時間が惜しいので、無理に遠出をせずに、博多の街中に限定することにしよう。

*目次へ戻る


*2014年03月08日:「私の嫌いな探偵」最終回


 昨夜が、私の嫌いな探偵(玉木宏、剛力彩芽)の最終回であった。全8話。面白かったので、もう少し長く続けてもらいたかったのだが..でも、50GのBD−R DL 1枚にちょうど収まったので、これで良かったような気もする [;^.^]。ちなみに原作は読んでいないが、ミステリとしては薄味で、徹底的にキャラの魅力と面白さにフォーカスしたドラマであった。その意味では、石原さとみ主演のパズル(これも、全話録画保全済み)と同類か。(要するに女優目当てだろうって? ..いちいち正鵠を突いてると嫌われるよ。[;^.^])

 9:40に外出し、湯風景しおり。散髪もする。(正確に言うと、散髪してから入浴した [;^J^]。あとから洗髪する方が効率が良いのでね。)14:15に出て、郵便局などに寄ってから、駅前のビックカメラへ。PCの買い換えの下見というか小当たりというか雰囲気取材のためである。会社では仕事上、毎日毎日PCの世話をしているわけなのだが、仕事目線と消費者目線(プライベート目線)はまた、違いますのでね。

 無論、ビックカメラのいち店員という限られた取材源なので、まるごと鵜呑みにしたりはしないが、それなりに有益な情報である。むしろ問題は、通販で買うかリアル店舗で買うかという選択である。価格を取るならば、問題なく通販だが..買い物としての面白みが無いんだよなぁ..たとえば、50万と60万の差ならば、それはさすがに大きいと思うが、10万と12万の差ならば、その程度の差額を節約するよりはむしろ、地元の店舗(経済圏)を潤すべきだと思うし..

*目次へ戻る


*2014年03月09日:重い腰を上げつつある [;^J^]


 来週末の上京プラン(展覧会めぐり)を立てたりしているうちに起動が遅れた。

 10:30に、街中のクリエイト浜松へ。「オリーブの木」というアマチュア団体の展覧会。主として子どもたちの絵だが、プロの(歴史的な)傑作ばかり観ている目を(良い意味で)癒す効果は、確かにある。

 11:00に出て、せっかくいい天気なので、今日も湯景しおりへ。11:15から13:35まで。13:50に帰宅。

 さて、私の(オフラインの)執筆環境は、いまだにリブ100(Win95)であるのだが..さすがに、このリブ100というハードウェア(トータル5〜6台、買ったりいただいたりしている)がいつまでも使えると考えるほどのアホではなく(..といっても、実はあと10年はいけるのではないかと思ったりしているのだが [;^J^])、ここでは説明しきれない様々な理由から「Windows 95 の command.com 環境」が必要な私としては、今まで先送りに先送りし続けてきた「仮想環境」を検討せざるを得なくなってきた、というわけである。

 動かす基盤ハードウェアは、これから購入する Windows 8.1 PC である。「Oracle VM VirtualBox」がいいのかなぁ..Win95 の Install Media(CD-ROM と起動フロッピー)が必要なのか。自宅の中をざっと捜してみたが、そんなものはない [;^J^]。さすがにこの長い年月のあいだに、何かのはずみで廃棄してしまったのであろう。(そもそも、私が Windows 95 を購入した時代には CD-ROM などは存在せず、フロッピー47枚組みだったはずだ。そりゃ、捨てるわ [;^J^]。邪魔だし。[;^.^])まぁ、入手することはできそうな気がするが..

 要するに、このリブ100と同じ環境が再現できればいいのだ。Vz Editor 1.57a と、UNIX like DOS ツール群さえ動けば、いいのだが..

*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*解説


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Mar 15 2014
Copyright (C) 2014 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]