*2006年01月23日:堀江社長逮捕
*2006年01月24日:烏
*2006年01月25日:削除メール
*2006年01月26日:いろいろ再検査
*2006年01月27日:さらばAIBO
*2006年01月28日:咳、再悪化
*2006年01月29日:東横インと東急イン
*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*2006年01月23日:堀江社長逮捕


 速攻である。驚いた。いつかは逮捕されるのだろうとは思っていたが、まさか家宅捜索の一週間後だとはね。

 一般論として、特にこういう「新興勢力」に対する「圧力」がかかると、必ずまことしやかな「陰謀説」が飛び交うものである。そしてそれらの怪しげな噂話には、ほとんどただひとつのパターンしかない。すなわち「政府(政権)による弾圧」である。

 今回ばかりは(少なくとも今のところは)これが無い。先のことはわからないが、恐らく今後とも出回ることはないだろう。なぜなら今回の事件で困っているのは、まさに「政府(政権)」だからである。彼らが裏で糸を引いて検察を動かしたなどということは、あり得ないからである。(もちろん、民主党が検察を操れるわけもない。)この「うざい嘘情報が飛び交いにくい」点だけは、今回の事件の中でいっそ爽やか [;^.^] なポイントと思えるのである。

*目次へ戻る


*2006年01月24日:烏


 何度か書いていると思うが、1980年代初頭、私が通っていた東京理科大学理工学部の野田キャンパス(千葉県野田市)は、広大な敷地を持っていた。(今はどうだか知らないが。)とにかく、一般教養課程の体育の授業で「ゴルフ」を選択可能で、それは篭の中の打ちっ放しなどではなく、ちゃんと野原や林の中で行われたのである。(もちろん、フルサイズの正式なコースがあったわけではない。)

 何年生の頃だったか憶えていないが、その「コース」(要は野原)の中の、もちろん舗装などされていない寂しい一本道をひとりで歩いていた時のこと。何か餌でもあったのだろうか。右側の野原にも左側の野原にも多数のカラスが舞い降りて、地表をついばんでいた。

 数百羽はいたと思う。

 実に恐ろしかったが、その道を通らないわけにはいかない事情があったので、彼らを刺激しないよう、そっと、そーっと、通り抜けたのであった。まさに「ヒッチコックの鳥」状態であった..

 ..なぜこんなことを思いだしたかというと、東京でカラスの被害が半減?したとかいう記事を読んだからである。口の悪い人にいわせると、石原都政の唯一の業績がカラス退治なのだという。[;^J^]

 ついでにさらに遡って..小学生時分には、「烏」という字は「鳥」の書き間違いだとばかり思っていました [;^J^]。その流れで、「烏賊」もしばらくは読めなかったなぁ。(読めない人は、漢和辞典を引きなさい。)

*目次へ戻る


*2006年01月25日:削除メール


 案の定、「不自然に削除された形跡があるメール」が5万通ほどあるという。検察は「手際よく」歌舞伎町にあるライブドアのデータセンターを押さえたのだが、実際には事前に洩れていたらしい。つまり、メールを削除する時間があったわけだ。

 現在、メールの復元に取りかかっているとのことだが..そりゃ、メーラーの「削除ボタン」で消したメールが復元できるのは当たり前だが、サーバー上で「プロが」削除したメールが、そう簡単に復元できるはずがない。可能性があるとすれば、バックアップストレージのサルベージかな。ここから「不自然さを残さぬように」削除するのは、少々難しいかも知れないね。

*目次へ戻る


*2006年01月26日:いろいろ再検査


 聖隷三方原病院の検診センターで、肝臓とかいろいろと。結果は誉められたものではない。そろそろ真剣に食生活とか飲酒生活とかを改善しないと..別に100歳まで生きたいとは思わないが、早死にしたいわけでもない。書店をハシゴして帰宅。

 ライブドア事件。国会で野党がここぞとばかりに追求しているが..時間の無駄。野党は限られた国会の会期の中で貴重な時間資源を投入しているわけだが、それでどういう「果実」が得られるというのか。「攻撃材料が“転がり込んできた”から」攻撃しているだけとしか思えない。ほかにもっと重要な案件があるだろうに。

*目次へ戻る


*2006年01月27日:さらばAIBO


 イオンへ。エイデンと谷島屋と回転寿司。毎週末のワンパターンである。

 東横インの不正改造事件発覚。これは..かなり酷いぞ。耐震偽装も酷いが、あれは居住者(及び周辺住民など関係者)全員を危険にさらしているのに対し、こちらは身障者狙い打ちである。しかもこんな「恥ずかしい」ことがばれたというのに、社長は会見で笑いながら「怒られちゃったから、もうやらない」..小学生じゃあるまいし。普通は上っ面だけでも殊勝な態度をとるもんじゃあるまいかね。

 ソニー、AIBOおよびその他のロボットの生産中止。残念だがやむを得まい。それなりの役割は果たし終えたと言えるし。(私は、AIBOが可愛いと思ったことは、ただの一度もありませんが。[;^J^])

*目次へ戻る


*2006年01月28日:咳、再悪化


 出社不能というほどではないが、ほとんど振り出しに戻った感じなので、休む。病院で薬2週間分をもらう。しつこいなぁ、もぅ..

*目次へ戻る


*2006年01月29日:東横インと東急イン


 「東急イン」が「東横イン」と間違えられて迷惑しているらしい。風評被害というわけだ。東急インのホームページの先頭にも「東横インとはいっさい関係がございません」と書かれている。

 そりゃ、間違えるだろうなぁ。私自身、去年東京のオフの時に泊まったホテルが「東横イン」だったか「東急イン」だったか思い出せなかったくらいだもの [;^J^]。(調べてみたら、東横インでした。)

 ..あぁあぁもぅ。私がいつも閲覧している「Sankei Web 速報一覧」の 18:43 の速報にも「東急イン」と書かれてしまってるし。[;^.^]

*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*解説


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Feb 2 2006
Copyright (C) 2006 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]